古本屋でよくある1

古本屋でよくあること

  1. どの古本屋の書店にも、かならず カバー掛けの達人がいます。手元も見ずに、数秒で1セットつくります。
    とくに熟練パートのおばち ゃんに 、 すごい名人が多い。シリーズものの全巻に「全巻カバーを掛けてください」という大変なのリク エストにも数分で成し遂げてしまう。
  2. 客が同時に来ると、店員同士、ついレジのスピードを競 ってしまう。仕事中、つまらないこ とで競いあってしまう時がある。バーコード読みとり←スリップ抜きとり ←カバ ー掛けまで。お客さまが支払いでもたついたりすると、イライラする。とくに同年齢のバイトどうしは、ムダに張りあうことが多い。
  3. 「カバーも帯も全部捨ててください」とい われる。書店カバーもしおりもと、何でも欲しがるお客さまがいる一方、帯も本体カバーもいらないというストイッ クなお客さまも。カバーを捨てるのはしのびないか、現われた表紙のデ ザインがあまりにダサいと考えなおす人もいる。
  4. 女子店員と話したくて 定期的に取り置きする お客さま。でも取り置いた本は買わない。商品の取り置きは大事なサービスの ひとつだが、意味もなく商品を取り置いて、レジカウンター内の棚を占拠する客がいる。配達サービスをし ている書店でも 指名を入れ、帰り際には「また来て ね」といわれる。

おすすめ古本店:古本買取はさいたまのスマイルブックで可能です。