古本屋を開くスタートアップ

ただ何となくで「古本屋でも始めようかな」と考える人はあまりいないのではないでしょうか。もともと豊富な資金がある人であればはじめから百坪単位のお店を開くこともできるでしょうが、ほとんどの人は5坪や10坪といった小規模な店舗から始めるのが普通です。このような小規模のお店では、せいぜい半間幅の本棚が二十本と平台ぐらいしか店に置くことが出来ません。だいたい本棚一本で三百冊ぐらいの単行本が入りますので、一万冊もあれば古本屋っぽいムードを出すことは十分に可能です。というか、10坪のお店ではそもそも一万冊、多くても一万五千冊ほどしかお店に並べることが出来ません。

周りに競合店がほとんどいない地域では、さまざまな本が古本買取に持ち込まれますが、そのすべての商品を取り扱っていてはすぐにお店はいっぱいになってしまうでしょう。

対して、競合店が多い都会ではどうなるでしょうか。今度は在庫不足に頭を悩まされることになります。何十冊も本を売る場合は相当な重さになりますから、わざわざ遠くの本屋に行く必要はなく、多くの人は近場の本屋を選んでしまいます。
古本屋を開く前には、誰に何を売るかを考えておくことが重要といえます。競合店がいくつもあるようなら、他店と差別化出来るような個性を持っておくと良いでしょう。